東てるひこのプロフィール

東 てるひこ 東 てるひこ 
(Teruhiro Azuma)

1944年鹿児島県生まれ。駒澤大学商学部経済学科卒。大学卒業後、大手自動車メーカ系列カーディーラーに入社。独自独特のセールス手法により入社一年目よりトップセールスマンとして活躍。
 
1972年、ブライダル業界初の音楽プロデューサーとして独立。結婚式の音楽演出を手掛ける。1985年、特許申請受理を経て、独自の演出用シンセサイザー『ウェディングトーン』を開発。三井物産との販売提携が功を奏し、全国の結婚式場、ホテルなどブライダル演出楽器として全国制覇を達成。業界のシンセサイザーブームの火付け役となる。その後、結婚式の総合プロデュースの一環として、結婚式場代行運営事業並びにコンサルティング、ブライダル総合演出事業を開始。現在は幸せプロデューサーと呼ばれる。
 
また、18歳の頃からプロミュージシャンに憧れ、シンガーソングライターとして活躍。CMソング作曲、大手楽器メーカーのセールスマン応援歌の作曲、有名代議士の応援歌を作詞作曲。全国有名ホテルのディナーショーにも多数出演。KBCラジオ(九州朝日放送)、エフエム西東京のパーソナリティとして氏の冠番組にて出演。特に九州では全県にオンエアされ、全国に多数のファンを持つ。2002年にはアルバム全17曲リリース。東京を始め、全国ツアーライブを開催。
 
事業経営者、シンガーソングライターという二足の草鞋を履き、渋くも輝きがあるセピアカラー的存在として活躍。一生現役を目標に現在に至る。

戻る

Copyright (C) Tokyo Music Center All Rights Reserved.